降圧剤には種類があります

食生活を正したり運動を取り入れているのに高血圧の改善が見られない時は、病院で降圧剤が用いられます。 代表的な降圧剤は全部で七つあって、どの程度の高血圧なのか、高血圧以外の病気を持っていないか、その人の年齢などに応じて、渡される薬が決まります。 もっとも多くの高血圧の患者に処方されているのが、カルシウム拮抗薬という名前の薬です。 この薬というのは、血管壁にカル... 続きを読む

有酸素運動がおすすめです

高血圧を治すにはたくさんのやり方が存在しますが、生活をよくすることや適度な運動も大切となります。 高血圧を安定させるのに効果的な運動ではことさら、有酸素運動が一番です。 運動をするとその後は血圧が一時的に上がりますが、運動を定期的に行うことは高血圧の治療に大いに役立つのです。 運動を続けることで代謝を上げ、血圧を一定にしていくという理屈です。 毎日、一日に三... 続きを読む

食事を改善しよう

高血圧を治すやり方に食事の改善が考えられます。 これに関しては、高血圧が重篤化して、薬を飲まなくてはならなくなっても併用することで効果を上げることができます。 高血圧にとって一段とリスクの高い食事は、脂肪や塩分、油がたくさん入った食事です。 塩分というのは人間が生存するために重要なミネラルがたくさん詰まっています。 でも、その他の成分であるナトリウムについて... 続きを読む

どんな治療法があるの?

高血圧というのは、症状の出方次第で多様な処置が行われます。 病気にかかって高血圧となる二次性高血圧というのは、病気が大元となっているので、病気を治すことによって、高血圧は解消されるでしょう。 一口に病気といってもその種類は多様で、病気ごとに専門となる科は異なるので、その病気の専門外来をまずは受診します。 本態性高血圧だとしたら、病院で適した治療をスタートさせ... 続きを読む

本態性高血圧の予防法

病気が原因となる二次性高血圧というのは、その病気が改善すると血圧の異常も改善されます。 けれども、高血圧が原因でその他の症状が出てくる本態性高血圧の場合は、いくつかの方法で高血圧を未然に防ぐことができます。 最初に、程良く体を動かすことで代謝機能を高めます。 運動を行ったすぐ後は少しの間、血圧が上がっていますが、血流が良くなったことの証拠で、血圧異常を改善す... 続きを読む

妊婦さん注意!妊娠高血圧症候群とは?

通常時は血圧に異常がなくても特定の状況下では血圧が上がってしまい大変な状態になる場合もあります。 それには妊娠高血圧症候群も該当し、妊婦の10%がかかるとされ、注意しなくてはなりません。 妊娠高血圧症候群の大多数は妊娠8ヶ月を経過したあたりから見られ、むくみや高血圧、尿たんぱくなどのつらい症状が認められるものです。 妊娠後期になると足のむくみが増えますが、一... 続きを読む

正しい血圧の測り方

血圧というのは時間によって変わるものなので、一日につき二回以上測ることが良いでしょう。 はじめは時間を決めて一週間連続して測定を行い、平均値を出すと良いでしょう。 高血圧が原因で起こる脳梗塞といった合併症は、よく朝方に起きるとされていますから、起床直後に測ってみるということも目安になりやすいと言われています。 拡張期血圧が90mmHg以下で、収縮期血圧が14... 続きを読む

高血圧の症状を教えて

軽い高血圧の場合、自分で認識できるような症状は出ませんが、少しずつ悪化していくのが特徴で、沈黙の殺人者とも呼びならされています。 高血圧とは、重症化してやっとはっきりとした症状が見られるようになり、合併症も出ることがほとんどで致命的な状態になる恐れもあります。 血圧が高くなった状態というのは血管壁が固くなるために動脈硬化も引き起こされる可能性があり、脳や目、... 続きを読む

高血圧の原因は?

高血圧を原因ごとに類別していくと、本態性高血圧と二次性高血圧の二種類に分別できます。 本態性高血圧の原因についてはまだ不明確な点もあるのですが、父親や母親が高血圧だと高血圧に陥りやすいというように遺伝が深く関わっているとされています。 それから、生活習慣も大きく関わっているとされており、ストレスや、タバコ、またお酒や塩分、脂肪分の摂取が多い場合なども血圧には... 続きを読む

高血圧とは?

高血圧というのは、生活習慣病の一種で、近年ではメタボリックシンドロームと称されています。 高血圧の状況というのは、標準的な数値以上の血圧をいつも維持していることをいいます。 高血圧の具体的な数値は、下の血圧が90mmHg、上の血圧が140mmHg以上で、各数値が高いほど警戒する必要があります。 そして、高血圧自体にはこれといった症状はなく、痛みも伴いませんが... 続きを読む