高血圧の症状を教えて

軽い高血圧の場合、自分で認識できるような症状は出ませんが、少しずつ悪化していくのが特徴で、沈黙の殺人者とも呼びならされています。

高血圧とは、重症化してやっとはっきりとした症状が見られるようになり、合併症も出ることがほとんどで致命的な状態になる恐れもあります。
血圧が高くなった状態というのは血管壁が固くなるために動脈硬化も引き起こされる可能性があり、脳や目、心臓、腎臓に明らかな症状が出てきます。

心臓に関するものは、心臓や胸に感じる圧迫感、そして動機や息切れなどがあり、心筋梗塞や心不全といった心臓病と深く関わっています。

腎臓に起きる症状としては、脚がむくむことやタンパク尿や夜間頻尿などがあり、これがひどくなると腎不全が生じ、その先ずっと透析をしていなかければならなくなります。

頭に感じる重みや頭痛、めまいといった症状は、脳に関連した高血圧の症状ですが、それはクモ膜下出血や脳梗塞といった重度の脳にまつわる病気に罹ってしまうこともあります。
急激な視力の低下や目からの出血なども高血圧に伴う症状であり、目に関する疾患が生じます。

こういった合併症は、死の危険性が高いものも珍しくなく、とりわけ注意が必要です。
しかも、症状を自覚できたとしてもそれが高血圧が原因であるとは理解しにくい場合がよくあると言われています。

要は、こういった症状については、高血圧特有の症状ではなく、病気によってあらわれた症状であり、気付いた時には、相当重い状態になってしまっているということもあります。
ちょっとした高血圧であっても特に自分でわかるような症状が現れないからということで気を抜かないようにしましょう。
生活改善はもちろんですが、病院を受診し良い治療を進めてもらうと良いでしょう。

ketu0018