降圧剤には種類があります

食生活を正したり運動を取り入れているのに高血圧の改善が見られない時は、病院で降圧剤が用いられます。

代表的な降圧剤は全部で七つあって、どの程度の高血圧なのか、高血圧以外の病気を持っていないか、その人の年齢などに応じて、渡される薬が決まります。

もっとも多くの高血圧の患者に処方されているのが、カルシウム拮抗薬という名前の薬です。

この薬というのは、血管壁にカルシウムの成分が入り込むことによって血管の収縮が起き血圧が上がってしまうので、こうならないようにすることができます。
ただ、副作用として頭痛や動悸、むくみなどが生じることがありますので、それを考慮しなければいけません。

高血圧の症状に対して利用される薬で、二番目に多くを占めるのはARBと呼ばれるものです。

これは糖尿病や心臓病の合併症で高血圧を患っている人たちにも向いています。

この薬物を服用しても副作用はそれほど出ませんが肝臓や腎臓で代謝されるので、重度の腎臓や肝臓に疾患がある人や、授乳しているお母さんや妊婦さんには良くありません。
さらに、ARBに近いACEという名称の薬物も処方されることが多く、臓器の病気や糖尿病がきっかけで起きた高血圧の治療に使われているものです。

この薬も腎臓への作用が大きいので、腎臓障害が悪化している人にはお勧めできない薬です。
大量に尿を排出して血圧の変動を抑える利尿薬も降圧剤として利用されます。

国内よりも海外のほうが使われていますが、この薬物は高評価を得ているので、国内でも多く使われるようになるでしょう。
大量に服用しなければ副作用が出ることはありませんが、何種類かの降圧剤を使う場合、副作用が強まることも考えられます。

それから、早期高血圧の改善のために利用されるα遮断薬や若くて高血圧になっている人に使われるβ遮断薬といった薬物もあります。
専門の医師による適切な診察を受け、あらわれている症状に最適な降圧剤で治療に取り組むことになります。

ketu0018