妊婦さん注意!妊娠高血圧症候群とは?

通常時は血圧に異常がなくても特定の状況下では血圧が上がってしまい大変な状態になる場合もあります。
それには妊娠高血圧症候群も該当し、妊婦の10%がかかるとされ、注意しなくてはなりません。

妊娠高血圧症候群の大多数は妊娠8ヶ月を経過したあたりから見られ、むくみや高血圧、尿たんぱくなどのつらい症状が認められるものです。
妊娠後期になると足のむくみが増えますが、一日以上経ってもむくみが引かないというときは妊娠高血圧症候群になっていることが考えられます。

そして、妊娠の後半にさしかからないうちに症状が現れた場合は、重篤化する恐れがあります。
高齢出産や糖尿病、腎臓病や元々血圧が高かったり、家族に高血圧の人がいるという妊婦はこの症状にかかりやすいと言われています。

双子以上の赤ちゃんがお腹にいたり、初産の場合は体には特別に負担がかかっていますから細心の注意を払わなければいけません。
その他、睡眠が十分とれていないことや疲れ、ストレスを抱えているといった生活習慣の悪化が原因となることもあります。

この症状が進んでしまうと、お母さん以外に赤ちゃんも危機的状況となってしまいます。
こうした際には、入院治療を受け、出産日が間近の場合は普通分娩を中止し帝王切開で産むことになります。

妊娠高血圧症候群を発症しないためには、体重がいきなり増えるとたんぱく尿が発生しやすくなるので、まずは太りすぎないことです。
食事のバランスも良いものにし、お菓子やしょっぱいもの、油分が多いものを極力口にしないようにし、味付けもあっさりなものにして、体重が増加し過ぎないように管理しましょう。
そして、しっかり眠ることやストレスを発散させること、日々ゆったりと過ごすことも妊娠高血圧症候群の予防には大切です。

ketu0018