本態性高血圧の予防法

病気が原因となる二次性高血圧というのは、その病気が改善すると血圧の異常も改善されます。
けれども、高血圧が原因でその他の症状が出てくる本態性高血圧の場合は、いくつかの方法で高血圧を未然に防ぐことができます。

最初に、程良く体を動かすことで代謝機能を高めます。
運動を行ったすぐ後は少しの間、血圧が上がっていますが、血流が良くなったことの証拠で、血圧異常を改善するのにも効果があります。

有酸素運動を中心に行うと血圧が安定し、血圧が上がらずに済みます。
それに加えて、肥満は高血圧につながりやすいと言われているので食事の面にも気を配ることをおすすめします。

甘いものや脂肪たっぷりのものしょっぱいもの、油が多く使われているものをたくさん口にしてしまうのは、高血圧にはお勧めできません。

喫煙や過度の飲酒も高血圧に加えて別の生活習慣病もまた招く可能性が高まります。
様々な栄養素が含まれる薄味の食事を適切な量食べて、日本食中心の組み合わせが良いでしょう。

甘いものが食べたくなったら、お菓子は避けて、フルーツや芋を少し口にすると良いでしょう。

さらに、ストレスが溜まっていることや十分な睡眠が取れていないことが高血圧を引き起こすとされているので、生活習慣を見直す必要もあるでしょう。

ストレス解消できる楽しみごとを持つことや、適度な睡眠をとってリラックスしたりすることも高血圧を防ぐのに効果的です。

また、高血圧は寒いときほどリスクが高いと言われているように寒さによって高血圧の合併症があらわれることもあります。
冬になったら特に寒さや冷えに気を付け、全身を温かくするように努めましょう。
とはいえ、高血圧の人は熱いお風呂は向いていないので、ぬるめのお湯にし、長風呂にならないように浸かるといいでしょう。

ketu0018