高血圧とは?

高血圧というのは、生活習慣病の一種で、近年ではメタボリックシンドロームと称されています。

高血圧の状況というのは、標準的な数値以上の血圧をいつも維持していることをいいます。
高血圧の具体的な数値は、下の血圧が90mmHg、上の血圧が140mmHg以上で、各数値が高いほど警戒する必要があります。

そして、高血圧自体にはこれといった症状はなく、痛みも伴いませんが、あまりにも血圧が上昇した場合は合併症を引き起こす恐れもあります。
普通の状態では柔らかい血管壁ですが、血圧が上がることによって血管壁の厚みが増し硬い状態となり、動脈硬化へと発展しかねません。

動脈硬化へと発展してしまうと血圧がさらに下がりにくい状態になるという悪循環に陥ってしまうため、合併症にも陥りやすくなります。

高血圧の合併症は、脳卒中、心筋梗塞など命を脅かす恐れのあるものがほとんどで、高血圧について沈黙の殺人者と名付けられているのはそうした理由のためです。

高血圧になる直接の原因は解明しきれていませんが、食生活の乱れ、ストレス、喫煙やお酒の飲みすぎ、さらには遺伝による部分など、様々な要因が重なって生じるものという説もあります。

血圧は時間帯によって変動するものなので、常に同時刻に測って平均値を導き出すことが、正しく測る方法です。
また、普段は大丈夫なのに、病院で計ると血圧が高めになるという場合もあり、白衣高血圧という呼び方をされますが、
仮面高血圧と呼ばれるものもあり、こちらは病院では異常がないのに家では高い数値が出るという症状を指します。

このような人は、自宅で決まった時間に測るようにし、自分の血圧の平均値を出してみるようにしましょう。
そして、高血圧の状態がずっと続いている時は、内科を受診し、ふさわしい治療が必要になります。

ketu0018