喫煙は血圧を上げます

喫煙は、多くの医師が百害あって一利なしと言うほど体にとって悪影響を与えます。

病気にならないためにも、禁煙を果たすように取り組みを始めましょう。
タバコをやめると、血圧を下げる効果もあるでしょう。

その理由は、ニコチンには血圧を上げる作用があるからです。

つまり、運動療法や食事療法を取り入れていたとしても、日常的にタバコを吸えば血圧を下げる効果が少なくなってしまうということです。

運動を頑張ったり食事制限を行うのであれば、結果を実感できるほうが良いのではないでしょうか。

でも、禁煙をしたことで、血圧が高くなってしまったという場合もあります。

これは、禁煙を続けたことによるストレスや、口寂しいせいでついつい食べる回数が増えてしまい体重が増加してしまうと推測されます。

肥満は血圧を上げる場合がありますが、そのために改善が見られなくなっているという恐れがあるでしょう。
だけど、禁煙を無事に成功させることができれば、禁煙で感じるストレスもなくなってくるでしょう。

禁煙によるストレスで食べ過ぎてしまうケースもありますが、この問題も少しずつ落ち着いてくるはずです。

直後は血圧が上がったままになるかもしれませんが、先々を思うと喫煙することにより血圧を下げる効果はあるでしょう。

血圧が下がって安定するだけでなく、禁煙をすれば食べ物の味がよく分かるようになったり、体力や美容にもプラス要素がたくさんあるでしょう。
今は禁煙外来を受診することもできますし、禁煙グッズなども店頭に豊富に並んでいるので、購入してみるといいでしょう。

ketu0018