肥満かどうか知ることからはじめよう

肥満は体に良くないとされていますが、血圧についても同じことが当てはまります。
太っている人の場合、健康に痩せることによって血圧の数値も下げることができるでしょう。

ここ数年はメタボリックシンドロームについて話題になっていますが、メタボ体型の人はダイエットが必要です。

高血圧の原因はまだはっきりと解っていませんが、肥満の人がダイエットを実施して肥満を解消すると、それだけで血圧の数値を下げると証明されているのです。

自分が肥満かどうか調べるにはBMIの数値を出してみましょう。

これは、体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)で計ることができます。

気をつけたいのは、計算するために使う身長の単位はメートルですので、自身の身長が160cmであれば1.6になります。

計算した数が18.5までの数値であれば痩せ型ということになり、25未満であれば標準体型、25以上の場合には肥満体型だと分かります。
数値が25以上だった場合、体重制限が必要になるでしょう。

無理なダイエットは血圧を下げるどころかいつも以上に高くなってしまう危険性もありますので、適切な運動を組み込んでハードルを高くせずダイエットに励むことがポイントでしょう。

加えて、運動のみならず、食生活の見直しも行い、ちょっとずつBMI数値を減らしていきましょう。

痩せていれば必ずしも高血圧にならないのかというとそのようなことではないので、痩せているから自分に関係ないと軽視しないほうが良いでしょう。

ketu0018