どんな治療法があるの?

高血圧というのは、症状の出方次第で多様な処置が行われます。

病気にかかって高血圧となる二次性高血圧というのは、病気が大元となっているので、病気を治すことによって、高血圧は解消されるでしょう。
一口に病気といってもその種類は多様で、病気ごとに専門となる科は異なるので、その病気の専門外来をまずは受診します。

本態性高血圧だとしたら、病院で適した治療をスタートさせますが、もしまだ軽い状況なら食事や日常生活を改めることから開始します。
肥満体だと高血圧になりやすいと知られていて、減量することで血圧も安定してきます。

体重を落とし、血圧を低下させたければ、各種の方法がありますが、ある食べ物しか口にしなかったり過剰な食事制限のように無闇にダイエットすることは好ましいとは言えません。
高血圧を悪化させる塩分や脂肪分の多い食事を控え、和食中心のあっさりした食生活を考えてみましょう。

さらに、高血圧では血液の粘り気が強くなりますので、こまめに水分を摂取するように心掛け、血液が濃くならないようにしましょう。

さらに、身体を動かしてダイエットをすると身体が温まって代謝も活性化され、血圧も低下するので、高血圧の改善に役に立ちます。
中でも水泳やウォーキングをはじめとした有酸素運動を行うことが理想的と言え、無理のない範囲で長期的に行うことが重要です。

体に必要な睡眠が取れていないことやストレスを感じていることも高血圧には害となるので、このような生活習慣を良くしていくことで血圧も一定になってきます。

食事を工夫したり積極的に運動しても血圧が一定にならなければ、薬物治療をスタートします。

降圧剤が用いられますが、血圧を低くして、変化しないようにするという効果を期待できます。
しかし、薬の作用はほんの一時のものなので、降圧剤を長期的に服用している人が大勢います。

ketu0018