高血圧の原因は?

高血圧を原因ごとに類別していくと、本態性高血圧と二次性高血圧の二種類に分別できます。

本態性高血圧の原因についてはまだ不明確な点もあるのですが、父親や母親が高血圧だと高血圧に陥りやすいというように遺伝が深く関わっているとされています。

それから、生活習慣も大きく関わっているとされており、ストレスや、タバコ、またお酒や塩分、脂肪分の摂取が多い場合なども血圧にはマイナスで高血圧になる確率が高まるというデータも出ています。
この本態性高血圧は、医療機関で治療すると同時に、生活習慣をよいものにすることが高血圧になることを防ぐことにつながります。

一方、二次性高血圧というのは他の病気のために高血圧となりますが、病気のレベルによって自覚症状がないものから症状を伴うものまで様々です。
二次疾患のうちでよく発症するのが腎実質性高血圧で、腎臓と関係した病気である糖尿病、腎臓病、膠原病などが高血圧につながる大きなものです。

腎動脈が細く変化し、高血圧が生じやすくなる腎血管性高血圧も挙げられます。

副腎皮質から大量のホルモンが生み出される原発性アルドステロン症や副腎髄質から多量にホルモンが分泌される褐色細胞、クッシング症候群と称されているホルモン異常の疾患に伴う高血圧もあります。
妊娠高血圧症候群、そして甲状腺異常というような病気も高血圧を引き起こす病気として挙げられることが多いでしょう。

こうした二次性高血圧に分類されるものは、専門の医療機関で対処してもらうことで高血圧を抑制することができます。
本態性高血圧と二次性高血圧をどこで見分けるかですが、カテゴリー分けしづらいとされており、医療機関できちんと検査を行う必要があります。

ketu0018